捨てられないタイプは3つに分類されるそうです。キッチリというわけではなく、それぞれの要素を持っています。

今回は、現実逃避型のご紹介です。

↓ランキング参加中♪ここにもたくさんの情報があります
にほんブログ村 断捨離
スポンサーリンク

現実逃避型の断捨離、このタイプの捨てる効果的な方法


現実逃避型ってどんなタイプなのでしょうか?
忙しくて家に居る時間がないために片付けに向き合えないタイプ。家庭に不満があるなど、実は家に居たくないから忙しくしている、という場合も多い。また、家が散かっているので余計に家に居たくなくなるという悪循環に陥りがち。
(やましたひでこ著:「新片づけ術 断捨離」より引用)

どんな理由で居たくないかは、それぞれですが、自分を忙しくさせていることで「片付け」を直視していないわけですね。

このタイプは、家に居ないのですから、まずは、どうして家に居たくないのかを探ることから・・なんですが、それは、心理カウンセラーに任せます。

このタイプの上手な捨て方は、まず、捨てましょう、これが「コツ」です(汗)

この型の人は(私も含めて)、捨てることにこだわりがないタイプが多いので、捨てはじめたら、速いはず!
ただ、今まで放って置いた分、かなりの量のガラクタがあると思いますよ^^

例えば、うつの人は、統計上体がすごく硬いといわれます。そこで逆転の発想をするんです。体をやわらかくすることから始める、これと同じですね。

精神面をいきなり直視しろとか洗い出せとか言うより、捨てることで見直そうということ。

どこか一箇所、引き出し1つから断捨離を始めると、一気に断捨離突入ってことも考えられます。
私がそうでした^^

「捨てる」ことは「選ぶ」ことだとやましたさんは言います。
誰でもない、「私が選ぶ」

私が選んだんだよ!という思いが、断捨離をする上で自分の「力」になるのですね

現実逃避型の典型だった私。仕事から家に帰るのが嫌で、遠回りして帰ってました(汗)
逃避型って「先延ばし型」ともいえるかもしれません。

私の経験ですが、モノが周囲にあると頭の中が混乱します。

これ本当!

他のタイプにも言えることですが、「ガラクタ」や「片付けなきゃと思っている負のエネルギー」を自分で感じているはずです。、自分の中での負の想いが混乱を招いているのです。

本当はキレイな部屋に居たいのに自分を欺いている状態。ずっと続けば、「汚部屋」になりかねません

私の場合、突発的な出来事があって片付け始めたのですが

片付けを始めたとき、「モノ」と向き合うことを、やっとはじめたんだ!と思いました


結局、分かったことは、義父との関係でした。嫌いではなかった義父でしたが、年を重ね、気難しくなり、動けない自分が悔しくて、私との関係がギクシャクしたものになっていたのです。

そこから逃げたかった私がいたんですね。

大雑把で細かいことは気にしない性格の私ですが、「ゴミ屋敷」一歩手前だと言う事も気づかないまま、過ごしていたかも知れないと思うとゾッとします。

片付けることができない性格 などはない!

この断捨離でそう言うことができるようになりました。リバウンドさえなければ・・・・(汗)

断捨離第2弾は、始まったばかりです^^


お片づけ・断捨離に感謝です

⇒ やましたひでこさん断捨離 まとめ

↓↓ あっ私と同じ!なんて思って頂けたら、応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

↓↓↓こちらにも、たくさんの断捨離ブログがありますよ♪♪


断捨離 ブログランキングへ