靴の断捨離では、頭と心を使い、くたくたになりました。モノと本気で向き合うと、疲れます。
きっと、それぐらいの気持ちを持って、新しいモノを迎えなきゃいけないんでしょうね。もっともっと、買うことに慎重にならなくては・・モノは増える一方ですから。

あなたは、片付けの順番を考えたことありますか?順番を語る片付け本は、あまりありません。そのせいか、考えたことがないのが実情です。"片付けやすいところから"というのが普通ですよね。

こんまりさん的にいうと、「必ずこの順番でなければいけない」という順番があるそうなんですが、、、

今回は、こんまり流、「モノ別で順番よく片付けたい」のご紹介です。

↓ランキング参加中♪ 応援クリック頂けたら「感謝いっぱい」です!
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
スポンサーリンク

「モノ別」で一気に断捨離


「場所別」な断捨離は、モノが散乱している部屋では効果が薄いかも知れません。違う場所にいくつもある同じモノを、同時に片付けることができないからです。

「モノ別」は、例えば、服なら、家中の服を集めてすべての服を見ながら「残すモノ」を選びます。すべての服を集めると、その量に大抵の人がとまどうそうです。自分が思っているよりかなりの量になるんでしょうね。

これを、一気に一度で見極めます。「ときめく」「ときめかない」「ときめく」「ときめかない」、花占いのようですが、1枚1枚語りかけ、さわり、感じることが大事です。

こんまりさんは「寝ている服」を「起す」ために、床の上に広げるのだとか。じっとタンスの中だけにいる服は「寝ている」のかもしれません。

楽に処分できる捨ての順番とは?


モノを一所に集めて、一気に「残すか、捨てるか」を選ぶには、順番が大事。見極め易いモノから順に、見極めが難しいモノへ。自分の能力を上げながら、進めていけば、楽に処分できるようになるんですね。

つまり、「スムーズに捨てるための、基本の順番」はこう。はじめに衣類、次に本類、書類、小物類、そして最後に思いで品。この順番がベストです。
(近藤 麻理恵著:「人生がときめく片づけの魔法」より引用)


はじめに、衣類、次に本類、書類、小物類・・これがスムーズに楽に捨てる事ができる順番です。「ときめき」の感覚を磨きながら、難易度を上げても捨てることができます。

てる順番を変えるだけで、判断するスピードが早くなるのだったら、試してみたいですね。

捨てに最適な時間帯とは?


捨てるのに、時間帯があるのでしょうか。モノを片付けたり、処分したりするゴールデンタイムはいつなんでしょうか。

朝のさわやかな空気の中では、判断力が全く違うとこんまりさん。思考をクリアにして、体も動くので、断然朝が1番だそうです。
わたしなど、思いたったが吉日とばかりに、夜中にごそごそすることも。でも、夜中の判断力はいまいち。いつまでたっても、終わらず、ぐだぐだしがちでした。

それに比べると朝は、気力充実で疲れもあまりないようです。これからは、行き当たりばったりではなく、キチンと計画を立てて、片付けを実行したいと思います。

感想とまとめ


・「場所別」では片付け効果が薄い、必ず「モノ別」で捨てる事

・捨ての順番は見極めの難度を上げながら決まった順番で片付ける事

  衣類 → 本類 → 書類 → 小物類 

・捨てのゴールデンタイムは朝


今まで、片付かなかったのは、行き当たりばったりに片付けていたせいでしょうか。確かに、靴を断捨離したとき、全部を見て判断できたので捨てやすかったのはあります。今自分の手元以外には、このモノはないと思えば、慎重に判断するでしょうし、モノの数にも考えが及ぶようになります。

順番を守ることで、リバウンドしないような断捨離ができたら、嬉しい。やってみる価値はありますね。
少しずつですが、モノと向き合うことが分かりかけた・・・かな?

読んでいただいてありがとうございました。


↓Amazonで扱っています
⇒近藤 麻理恵著「人生がときめく片づけの魔法」より


あなたに、わたしに、できる断捨離を、一緒に、目指しましょう。

私にできることは、絶対あなたにもできます。「捨て魂」に火をつけて!
あなたも、ワクワク断捨離、一緒にやりましょ!

ランキングに参加中、応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

断捨離 ブログランキングへ