青空と干草

前回、横山光昭さんの貯金生活宣言より「消費」「浪費」「投資」の分け方を紹介しました。私のランチは、浪費ではなく情報集めの「投資」だ!と心に言い訳をしています(笑)でも半分は浪費かも~。

今回は、「ショー(消費)・ロー(浪費)・トー(投資)」の理想の目安を考えてみます。

↓今でもここで勉強中です♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ    
スポンサーリンク

生活費を3つに分けてみた


私が生活費(日用品・交通費、娯楽費、医療費)として使っている金額を、3つに分けてみました。

生活費・・・・・消費:70%、浪費:22%、投資:8%

日用品は、消費100%。トイレットペーパーやティッシュなど生活に必要な費用です。

交通費は、高速代が浪費かも(汗)。時間は早めに家を出れば高速道路を使わなくてもすみます。この分を投資に回せたらいいなぁ。

娯楽費は、「投資」です。夫との温泉代とかその食費は、リフレッシュ効果大ですから(汗)でも珈琲はマイボトルで、おにぎりを持参するなど、節約できる所もまだまだありそうです。

これは私の生活費の数字ですが、このようにすべての科目で「消費」「浪費」「投資」を計算します。


「ショー・ロー・トー」の理想の目安とは


私の先月の生活費は、消費:70%、浪費:22%、投資:8%でしたが、理想の目安とは何%でしょうか?

消費・・・70%
浪費・・・5%
投資・・・25%


これが横山さんの理想の目安です。

私の生活費は浪費と投資の数字が真逆でした。この浪費部分をできるだけ「投資」に変えることが貯金体質になる第一歩だといえます。

もちろんこの数字は参考ですが、できたらいいなぁと目標にします~。

浪費の割合を10%減らすことができたら、手取り20万円だと2万円を「投資」に変えることができるんですね。


エレスの感想


「ショー・ロー・トー」この3つを頭に入れ買い物をするだけで、浪費が減っていくし、自分にとって必要なモノとそうでないモノを把握できるようになる。なるほど、そうかも。

今日買ったセブンイレブンの珈琲、5分早く準備すればマイボトルで珈琲が入れられました~(汗)100円、おしかった(笑)と感じるようになったことが、私にとってものすごーく、前進です。なんだか、楽しみながらできそうです~。

「惜しかった」「有効だった」などと、買った後どう感じるかが「浪費」と「投資」が分かれるところですね。それは、分けていくうちに家族ごとのルールが出来上がっていくそうです。


あさイチでは、横山さんが指導されたご家族を取材し本にまとめました。
↓それがこれ。お父さんのプリンが投資になる理由とは?



いつも、ありがとう。


↓「読んだよ」の応援クリックが励みになります、ありがと♪

にほんブログ村その他生活ブログ 断捨離へ
   にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ 



↓50代の本音と状況が赤裸々に!面白い~。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ