断捨離で、はさみを1ヵ所にまとめているということを書きました。1階の文具は何とかまとめることができたのですが、もっとせまい私の部屋の文具がどうしても片付けられません。

今回は、私の部屋の文具の断捨離について考えてみます。

↓ここにも断捨離のヒントがたくさん♪
私も勉強中です。
banner にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
スポンサーリンク

あちこちに仕舞ってしまう文房具たち

私の部屋は1つ。画像で見る通り、机とPCとプリンター、後はクローゼットという名の「モノ入れ」があるだけなのですが。


どうしてか、文房具があちこちに散乱(?)しているんです。仕舞っているところが一つではないんですね。なぜ?仕舞う道具をいくつか持っている事にも原因がありそうです。

机の下のファイルケース、クローゼットの中のウォールポケット、持ち歩き用に用意した筆入れなど。どこかで見た!の感を頼りに捜すので全部を見る羽目になってしまうんですね。無駄?

 

まだ使える!の神話をどう解決するか

そこで、こんまりさん的、すべてを出して片付けるをやってみますが、何度もやったような気がする(汗)

ファイルケースの断捨離効果は?


そこで問題になるのが、「まだ使える」なんです。文具は特にそう思いませんか?使えること、使う未来があること、この神話をどう解決するか。

「今」を軸に考えることと、やましたひでこさんもゆるりまいさんも解決方法を言います。今必要かどうか。そうなんですが、相変わらず、煮えきれなくなってしまいますね(汗)

何度も、そう考えるということは、捨てなくていいということにします。だって、そうなんですもん(爆)

その為には、収納を考える必要があるようです。私が目指していたのは、ゆるりまいさん的なんにもない空間ですが、仕方ない(いいの?)


「使えて残したいモノはキレイな状態で残す」ということを選択します。

 

数ではなく、満足度で決める

数で決める方が絶対楽だと思うのですが、決められないのだから仕方ないですね(泣)そこで、自分の「満足度」で決めるのはどうでしょう。

どこまで満足度が肥大するかはともかく、キレイな状態で満足する数を残すということ。私のことですから、ボールペンを20本残すとかにはならないと思います。ルールは自分で決める。そう決めたことに満足です。

次回は、文房具の片付けをやってみます。

 

エレスの感想

「満足度」これって言い訳かしら?と思いながら書いています(汗)自分では、例えば消しゴムを何個も残しておくような性格ではないと思いますが、1個だけにすることは難しい。すべてがそうなんですね。

捨てられない人のように、何個も何十個も持つことは興味ないですが、1個だけにすることもできないんですね。消しゴムですが、2個なら満足します。3個はいらない。これが私の満足度です。やっと気づいた(笑)

次回は、実践してみますね~

 

最後まで、読んで頂きましてありがとうございました。

 

ランキングに参加中です応援クリックしていただけると
テンションMAX、めっちゃ嬉しいです♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
 カテゴリ